捨てるときの基礎知識「捨てられた粗大ゴミの行き先」

捨てられた粗大ゴミの行き先

不用品回収・処分ナビ
 捨てるときの基礎知識「捨てられた粗大ゴミの行き先」について。
 不用品回収・処分ナビは、全国各地にある不用品回収業者の検索サイト。不用品を回収・買取・処分する業者を市区町村別に一覧化。最寄の不用品回収業者を検索可能です。

不用品回収の登録業者数:310

不用品回収・処分業者のサイト登録(無料)
 

 

 
不用品回収・処分ナビ > 捨てられた粗大ゴミの行き先

捨てられた粗大ゴミの行き先

 
 子どもが小さい頃使っていた机やベッドや本棚、一人暮らしをしていた頃のテレビ台やカラーボックス、去年まで使っていたのについに壊れてしまった電気ストーブやコタツなど、粗大ごみといわれるものはたくさんの種類があります。所有者が「要らない」といえばごみになるわけですから、その大きさや種類は多岐にわたって当然です。

 さて、その「粗大ごみ」。所有者が要らないと判断したら自治体や回収業者に依頼して処分してもらうことになりますが、回収された粗大ごみが一体どこへ行くのか知っている人は意外に少ないのではないでしょうか。

 タンスも自転車も掃除機もタイヤも、粗大ごみとして回収されたものは全て埋め立て処分されるのでしょうか。かつて、焼却炉の性能が低くリサイクルについても意識されていなかった時代では、確かに「粗大ごみ・燃えないごみ」イコール埋め立て処分でした。

 しかし、現在では、実は粗大ごみとして回収されたものを自治体や回収業者がそのまま保持し、最終処分をするのではありません。自治体が回収をしてもその殆どが専門の処理業者に丸ごと託す形で、工場で細かく分別されてリサイクル品として再利用されます。

 たとえばストーブなどの家電では、鉄やアルミを分別してアルミ缶を作ったり鉄鋼製品を作ったりします。またタンスなどの木製品は、細かく粉砕してチップとして再利用されているのです。

 様々な分別工程と再利用の工程がありますが、どうしても再利用しきれない、燃やすことも出来ないといった残渣(残りかす)だけが、埋め立てという最終処分をされるわけです。

 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 
 
スポンサーリンク
 
 

 

 

粗大ごみと不用品について

捨てるときの基礎知識

一般的なゴミとは
粗大ゴミの歴史
粗大ゴミの種類
粗大ゴミの捨て方
捨てられた粗大ゴミの行き先
家庭ゴミと企業ゴミ
ゴミと環境汚染

リサイクルの知識

リサイクルの法律
家庭でのリサイクルの取り組み
企業でのリサイクルの取り組み
希少金属のリサイクルついて
リサイクル業者
リサイクルのコスト

不用品処分のタイミング

引越しは不用品処分の大きな契機
粗大ゴミを出さない物件の選び方
モノを捨てない買い方
引越時における不用品処分の方法
ゴミによるご近所トラブル
引越し後の片付け

パソコンの処分

PCリサイクル法
パソコン本体の処分
パソコン周辺機器の処分
パソコン内データの処分
パソコン処分時のトラブル

不用品回収業者の選び方

回収品目の確認
回収料金の確認
自治体と不用品回収業者
無料回収所
回収トラブルについて
リサイクルショップの利用法
 
スポンサーリンク
 
 
 
 

 

 

不用品回収・処分業者のサイト登録申請

不用品回収・処分ナビでは、不用品を回収・処分する業者のご登録をお待ちしております。市区町村別の地域別検索が可能なため、不用品回収・処分する業者を探している方へ高いアプローチが見込めます。

不用品回収ナビ

不用品回収・処分業者のサイト登録
 
 

 

 
不用品回収・処分ナビについて
・不用品回収・処分ナビは、不用品回収・処分の提供を目的としています。不用品回収のご利用及び比較等はご利用者自身の判断でお願い致します。不用品回収・処分される際は、事前に出張や回収における料金・費用などを事前にご確認・見積の上、ご利用願います。
・掲載されている情報については万全を期しておりますが、サイト内情報及び結果に対しての責任は負いかねます。

ゼタセグメント 

不用品回収・処分ナビ

不用品回収・処分ナビは、全国各地にある不用品回収業者の検索サイト。
運営組織概要 免責事項
 
 

Copyright (C) 2011-2015 不用品回収・処分ナビ All rights reserved.